月別アーカイブ: 2018年3月

春の限定焼酎とイベントのお知らせ♪

ienomimaster0628
投稿者:ienomimaster0628


いつもIZUMIYAショップをご利用いただきありがとうございます♪

桜も見頃を迎え、お花見日和ですね\(^o^)/

本日のブログ内容は、

商品入荷のお知らせとイベントのお知らせの2本立てです!

お待たせ致しました!!!

今の時期、限定の焼酎がゾクゾクと入荷しておりますっっっ(*^^*)♪

春の焼酎・梅酒フェア・イベント棚 春の限定焼酎とイベントのお知らせ♪

黄色い椿 春の限定焼酎とイベントのお知らせ♪

八千代伝酒造から「黄色い椿」

安納芋の濃厚な甘さ、黄麹の華やかな香り、爽やかなキレ。

あまりクセのない飲みやすい焼酎です!

CD:301487 1.8L(税込)¥3,024-

大海 黄金千貫と美山錦 春の限定焼酎とイベントのお知らせ♪

大海酒造から「美山錦と黄金千貫28°」

酒造好適米美山錦のスッキリとした味わい、

黄金千貫のふっくらとした香りと甘みが口の中いっぱいに広がりますが、

少々の雑味を無濾過で残しているのでキレの良いゴクッと飲める焼酎になっています。

CD:302103 1.8L(税込)¥2,880-

ツン 春の限定焼酎とイベントのお知らせ♪

田崎酒造から市来焼酎「ツン」

黄金千貫を原料に黒麹で醸したこの焼酎は

芋の香味をたっぷりと味わえる力強い焼酎に仕上がっています。

商品名の<ツン>は杜氏の尊敬する西郷隆盛の愛犬の名前ツンより命名したとの事。

ごく数量のため、お求めの方はお早めに\(^o^)/

CD:301301 1.8L(税込)¥2,516-

カンゴシナ 春の限定焼酎とイベントのお知らせ♪

佐多宗二商店からCANGOXINA(カンゴシナ)28°

創業百有余年、南薩摩頴娃町の恵み多き台地が生み出した

農産物にこだわる佐多宗二商店の限定品!!

洋酒を彷彿とさせる品のある芋の香り。

甘味を伴いながらもその余韻は短くサッと消えていき、

焼酎の雰囲気というよりはスピリッツの様。

CD:302174 500ml(税込)¥2,000-

さつま寿 桜 春の限定焼酎とイベントのお知らせ♪

尾込商店からさつま寿 「桜」

さつま寿の黒麹仕込み、季節限定酒『桜』!

知る人ぞ知る、言葉はいらない旨い焼酎です。

開栓した瞬間から心地よい芋の風味が立ちのぼり、芳醇な旨味と絶妙に調和しています。

CD:301246 1.8L(税込)¥2,106-

甕雫 玄 春の限定焼酎とイベントのお知らせ♪

京屋酒造から甕雫「玄」

有機栽培した「紫芋」と「紅系芋」を使用。

麹米も子会社農園栽培の「有機合鴨米」のみを使用した有機焼酎。

口に含むとほのかな紫芋の香りと、やわらかい甘みが感じられます。

のど越しはなめらかでさっぱりとした余韻。

芳醇さと軽快さを兼ね備えた焼酎です。甕入りで贈り物にもピッタリです\(^o^)/

CD:301796 1.8L  ¥6,567-  CD:301867 720ml ¥4,178-

泉屋酒販よりイベントのお知らせ

ジョージアワインセミナーチラシ表 春の限定焼酎とイベントのお知らせ♪

ジョージアワインセミナーチラシ裏 春の限定焼酎とイベントのお知らせ♪

「ジョージアワイン・マスター・クラス」

日時:4月17日(火)14:00~16:30(受付14:00~)

会場:クアンティック4F 

福岡市中央区天神2-3-33(天神駅より徒歩2分)(国体道路沿い)

限定80名様(先着順・事前予約制)※参加費は無料です。

この度泉屋酒販では、ジョージアの公的機関「ナショナル・ワイン・エージェンシ・ジョージア」と

株式会社Red Bridge、(社)日本ソムリエ協会の協力のもと、

ジョージアワイン・マスタークラスを開催させていただきます。

日本のワイン業界の第一人者、大橋健一マスターオブワイン(MW)と

ソムリエ協会副会長の石田博氏とともに

ジョージアワインの魅力や様々なお料理との相性の可能性を試飲を交えながら

分かりやすくレクチャーして頂きます。

8千年の時を経て受け継がれるワイン発祥の地ジョージア。

その遥かな歴史と醸造法や味わいは現在世界的に注目を集め、

日本へも昨年より次々と面白いワインが輸入されています。

 マスターオブワインによる最先端の話題と

日本を代表するソムリエ・石田博氏のテイスティングなど

ワインに携わる方にとってプレミアムな一時となります!

ご参加を心よりお待ち申し上げてます。

お申込みはTELで「ジョージアワインのお申込み」とお伝え頂き、

御名前・電話番号・人数をお知らせください。

泉屋酒販 TEL:0942-32-7111

泉屋酒販本社ショップ TEL:0942-32-7813

 IZUMIYAホームページ:http://www.izumiya-sake.co.jp/ TEL:0942-32-7813

お酒のことならIZUMIYAショップへ♪

皆様のご来店、心よりお待ちしております。

IZUMIYAイベント情報♪

ienomimaster0628
投稿者:ienomimaster0628


いつもIZUMIYAショップをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2点、イベントのお知らせです!

「南アフリカワイン 試飲セミナー」

南アフリカワインセミナーチラシ IZUMIYAイベント情報♪

日にち:4月11日(水)

時間:14:30~16:30(受付 14:00~)

場所:クアンティック4階 福岡市中央区天神2-3-33(西鉄福岡天神駅より徒歩(国体道路沿い)2分)

限定30名様(先着順・事前予約制)※参加費は無料です

この度泉屋酒販では、南アフリカより生産者を招いて試飲セミナーを開催致します。

昨年11月に2人のマスターオブワインをお招きし開催させて頂きました。

「南アフリカ マスタークラス」の際に試飲したワインの中から

A.A.バーデンホースト、クラヴァン・ワインズの2軒のワイナリーから来福!

2つのワイナリーのラインナップを試飲しながら、南アフリカの魅力と楽しさをさらに学んで頂けます!

ワイン生産地のほとんどが世界遺産!酸化防止剤の基準が世界一厳しい!

続々と高品質のプレミアムワインが造られており、その魅力はニューワールドの中でも現在最も注目を集めています!

この機会に是非、南アフリカの驚くべきクオリティを体験してください。

特に、昨年ご参加いただいた方には更に深くご理解頂けると思います。

ご参加を心よりお待ち申し上げております。

※今回、マスターオブワインの来場はありませんのでご了承下さい。

お問い合わせ・お申込み

泉屋酒販本社SHOP TEL 0942-32-7813

お申込みの際は、ご来場者様のお名前・ご参加人数・ご連絡先をお伝えください。

また、定員に達し次第受付は終了させていただきます。

「ジョージアワイン・マスター・クラス」

ジョージアワインセミナーチラシ表 IZUMIYAイベント情報♪

ジョージアワインセミナーチラシ裏 IZUMIYAイベント情報♪

日にち:4月17日(火)

時間:14:30~16:30(受付 14:00~)

場所:クアンティック4階 福岡市中央区天神2-3-33(西鉄福岡天神駅より徒歩(国体道路沿い)2分)

限定80名様(先着順・事前予約制)※参加費は無料です

この度泉屋酒販では、ジョージアの公的機関「ナショナル・ワイン・エージェンシー・ジョージア」と株式会社Red Bridge、㈱日本ソムリエ協会の協力のもと、ジョージアワイン・マスタークラスを開催させて頂きます

日本のワイン業界の第一人者、大橋健一マスターオブワイン(MW)とソムリエ協会副会長の石田博氏と共にジョージアワインの魅力や様々なお料理との相性の可能性を試飲を交えながら分かりやすくレクチャーしていただきます。

8千年の時を経て受け継がれるワイン発祥の地ジョージア。その遥かな歴史と醸造法や味わいは現在世界的に注目を集め、日本へも昨年より続々と面白いワインが輸入されています。

マスターオブワインによる最先端の話題と日本を代表するソムリエ・石田博氏によるテイスティングなどワインに携わる方にとってプレミアムなひと時となります!ご参加を心よりお待ち申し上げております。

セミナー終了後はワインパーティー開催!

大橋健一MWと石田博氏のお二人を囲んで、楽しくワイントーク

特別なジョージアワインを味わいながらパーティーしましょう!

会場:「Comatsu imaizumi」1階 cave de comatsu 092-739-2345

中央区今泉1-17-14-1 二十四節季ビル *国体道路、旧TSUTAYA(現ドン・キホーテ)裏手

*スタート 18:30

*立食ビュッフェスタイル

*会費 5,000円

*25名様(要予約)

お問い合わせ・お申込み

泉屋酒販本社SHOP TEL 0942-32-7813

お申込みの際は、「ご来場者様のお名前」・「ご参加人数」・「ご連絡先」・「セミナーとパーティーのどちらかに参加、又は両方に参加」をお伝えください。

みなさまのご参加、ドシドシお待ちしております\(^o^)/

 

商品入荷とイベントのお知らせ♪

ienomimaster0628
投稿者:ienomimaster0628


日中は、すっかり春らしく暖かくなって来ましたね(*^^*)

お花見シーズンが待ち遠しいです♪

【商品入荷のお知らせ】

はいっ!お待たせしました~\(^o^)/

 横山五十うすにごり 商品入荷とイベントのお知らせ♪

横山五十 純米大吟醸50% うすにごり生

入荷致しました♪

マスカットの果実をかじったようなジューシーな香りに、

口にふくむと甘みが広がり、 かつ、キレのある1本です。

冷やして、ワイングラスに注いでみてください!

果実のような甘い香りと味わいがより引き立ちますよ~(^o^)

花見酒としてみんなで飲むもよし!独り占めするもよし!

私は独り占めしちゃいたいくらいです☆笑

720ml ¥1,985-(税込)

1.8l ¥3,970-(税込)

じゃじゃ~~ん\(^o^)/

 横山五十3本 商品入荷とイベントのお知らせ♪

現在IZUMIYAショップでは横山五十を3種類揃えております。

う~ん、全部集めたいっ!!!!!

ちなみに、写真左の白ラベルは今の時期限定で“直汲み生”になっております。

いつもの白ラベルも非常に美味しいのですが、

直汲みバージョンもこの時期ならではのフレッシュさが味わえてとっても美味しいのです。

3種類の価格は全て同じで、どちらも税込

720ml ¥1,985-

1.8l ¥3,970-

飲み比べしたら楽しそうですね(*^^*)

以上が商品入荷のお知らせでした☆

【イベントのお知らせ】

国分ではしご酒

 国分はしごポス 商品入荷とイベントのお知らせ♪

泉屋酒販でお世話になっております飲食店様主催のイベントです(*^^*)

日付:3月23日(金)

時間:18:00~22:00

会場:久留米市国分町の参加店5店舗

まりこん家 様

鍋と石焼ダイニング こくぶ屋 様

飲み喰い処 郷 様

@home居酒屋 蜂の巣。 様

居酒屋 呑喜(のんき) 様

前売り券 3,500円

当日券 4,000円

チケット制で5店舗を飲み歩き、「一品料理」と「日本酒」を楽しむ会だそうです!

とーーーっても魅力的!!!!

日本酒が飲めない方でもご安心を(^o^)

お店の方が別のドリンクをご用意してくださいます☆

国分はしごチケ 商品入荷とイベントのお知らせ♪

IZUMIYAショップでも前売り券をお取り扱いしておりますので、

皆様この機会に参加されてみてはいかがでしょうか(*^^*)

以上、イベントのお知らせでした♪

ではでは、次回のブログもお楽しみに(^^)

米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

ienomimaster0628
投稿者:ienomimaster0628


いつもIZUMIYAショップをご利用いただき、ありがとうございます。

  本日のブログは商品入荷のお知らせ、商品についてのお勉強的な内容になっております♪

少々長めですがご興味のある方はどうぞお付き合いください☆

  【商品入荷のお知らせ】  

米鶴 吟醸三十四号 1.8L のみ

米鶴 吟醸34号 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

杜氏入魂2 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

華やかな香りと爽やかな味わいの吟醸酒。びん詰め時1回の火入れの瓶貯蔵酒で、貯蔵日数に応じた味の変化が楽しめます。

  1.8L ¥2,600-(税別) 

このようなストレートに表記してあるエチケットの商品はなかなか珍しいので

どういうことが書いてあるのかひとつひとつ読んでいきましょう(*^_^*)

※エチケットとはラベルのことを指します。

【エチケットを読み解く】  

二〇一七年一月一日留仕込

 留仕込(とめじこみ)とは、

「醪(もろみ)」造りの三段仕込みの4日目に最後の麹と蒸米、水を入れることです。

本商品では、この工程を2017年1月1日に行ったと記載してありますね。

さて、この説明ではよく理解できないので詳しく見ていきましょう♪

日本酒が出来るまでの期間 e1520059313681 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

  今からする説明は、上の図の真ん中あたりにある『「醪(もろみ)」造り』の中で行われる作業についてお話します。

 日本酒の製造方法において本格的な発酵を始める工程を「醪(もろみ)」造りと呼びます。

「醪」造りは三段仕込みという方法で行います。

日本酒 三段仕込み原料割合 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

三段仕込みとは「醪」造りに必要な「蒸米(掛米)」、「麹(掛麹)」、「水」、「酒母」の投入を通常4日間で3回に分けて行う方法です。

※掛米→醪造りに用いられる米(使用米の80%)

※掛麹→醪の仕込みに用いられる麹の総称

【三段仕込みの3ステップ】  

①初添え(はつぞえ)、添え仕込み

初添えは醪造りの一番最初の工程。

仕込み用タンクに酒母、麹、水を入れておき蒸米を入れる。酵母の活性と増殖が目的。

 

②仲添え(なかぞえ)、仲仕込み

初添えの2日後、麹と蒸米、水を加えるのが仲添えです。

ここでは初添えの際に加えられた米と麹の2倍の量を更に加えます。

ここからどんどん発酵が進んでいきます。

 

③留添え(とめぞえ)、留仕込み

仲添えの翌日、最終段階の留添えです。

最後の麹と蒸米、水を投入します。この時点でだいぶ発酵が進んでいますので、タンク内の温度調節をしながら発酵していき、大体3~4週間で醪の完成です。

他にも、4段仕込み、5段仕込み、10段仕込みもあります。

酒の味を甘く造りたい場合に用いる手法です。

3回に分けて原料を投入する理由は、酵母を他の微生物から守るためです。

「醪」の原料となる酒母は、「醪」に対して6%程度の量しかありません。

酵母を他の微生物から守るために、酒母中は適度な酸性に保たれていますが、大量の米や水と混ぜ合わせると酸性が一気に薄まり、他の微生物が繁殖しやすい環境となってしまうので、3回に分けて原料の投入を行います。

では、他の微生物が繁殖してしまうとどうなるのでしょうか?

酵母は、品質に悪影響を及ぼす他の微生物よりも弱い存在なので、混ざると死滅してしまいます。

そのため、酒母(厳密には酵母)は酸性に強く、他の微生物は酸性に弱いという特徴を活かしタンク内を酸性に保ってあげる事で酒母を守っています。

米鶴 ラベル右 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

結果、 『二〇一七年一月一日留仕込』が伝えたいことは

毎年、元旦に留め添え仕込みをする杜氏こだわりの限定酒

米鶴酒造の現杜氏、須貝智が自分の名前を冠するほどに元日に強い思い入れを持って仕込む、米鶴酒造お薦めの特別限定 純米吟醸酒 ということです!

吟醸三十四号

杜氏、須貝智(すがい さとし)さんの名前から

サ ト シ →三 十 四

「あ~、そういうこと!」ってなりますね(^O^)

製造年月 18.02 

 製造年月とは、出来上がった日本酒を瓶詰めして出荷できる状態にした月を指します。

本商品は2017年元旦に仕込まれていますが、製造年月は2018年2月です。

古いわけではなく、1年間熟成された商品です。

なぜ製造年月を記載するの?

日本酒については昭和初期より酒類業組合法で、

出来上がった段階ではなく出荷する段階で課税されるようになったからです。

要は、税務署側がいつ出来たかよりもいつ出荷するのかを知りたいため、瓶詰め月日の印字を義務付けています。

米鶴 ラベル中 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

原料米 美山錦(みやまにしき)

美山錦とは酒造好適米の一種のことです。

1978年(昭和53年)に長野県生まれ。

寒さに強いため長野県の他、東北地方で多く栽培されています。

美山錦を使うと、軽快で線が細い、いわゆる淡麗な味わいになりやすいといわれています。

※酒造好適米とは、日本酒造りに適した品種。

私たちがいつも食べているお米よりも大粒で、最大の特徴は心白(しんぱく)があることです。

心白 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

真ん中の白い部分。心白の成分はほとんどがデンプン質。

酒造好適米比較 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

私たちが食べているお米と並べてみるとこんな感じ。

心白の有無、大きさの違いが良くわかります。

精米歩合 五割

普段日本酒の飲まれる方は聞きなれたワードだと思います。

精米歩合(せいまいぶあい)とは、玄米を削って、残った白米の部分の割合をパーセンテージで表したものです。

精米歩合図 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!こんな感じ

原料の玄米の外側部分には、ビタミンやタンパク質、脂質が多く含まれており、これらの成分は製造工程で酵母の働きの邪魔をしてしまうため、香味のバランスを悪くしたり、雑味の多い味わいになってしまったりします。

そこで、精米という不要な部分を削り取る作業が行われます。

この商品の場合、精米歩合 5割なので50%。

大吟醸規格の精米歩合ですが、蔵元様のご意向で吟醸酒としているのですね。

アルコール分 十六度

日本酒が出来るまでの期間 e1520059313681 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

図の左の方、「割水(わりみず)」という工程で、

仕込み水を加えてアルコール度数を調節します。

この作業では、酒質に合わせてアルコール度数と、香味のバランスを調節することが目的です。

  日本酒度 (+)三

日本酒度とは   日本酒の甘辛を表す目安となる数値の一つ。

酒に含まれる糖分が少ないと数値がプラス(辛口)に、多いとマイナス(甘口)になるため、味の目安にも用いられます。

仕込総米 一五〇〇㎏

この商品を造る際にどれだけお米を使って仕込んだか、という表示です。

酸度 一・四

日本酒に含まれる酸の量を表した数値です。

あくまでも目安ですが、酸度が高い日本酒は濃醇で辛く感じ、

逆に少ない日本酒は淡麗で甘く感じると言われています。

使用酵母 山形酵母

純米吟醸のほか、大吟醸にも広く使われている酵母です。

原材料 米、米麹、醸造アルコール

酒類業組合でラベル記載が義務付けられています。

なお原材料名は使用量の多い順に記載されます。

上槽日 一月二十一日

上槽とは、出来上がった醪を酒粕と液体に分けるために絞る作業のことです。

様々な搾り方があり、この搾り方によって味わいが大きく変わります。

①昔ながらの伝統的な搾り機、「槽」

槽 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

  おさけと様のHPより写真をお借りしました。(http://www.osaketo.jp/blog/what-jousou/

布でできた酒袋に醪を詰めて、槽の中に敷き詰め、上からプレスして搾ります。

この時、最初に出てくる液体を「あらばしり」と呼び、香気の高いのが特徴です。

「あらばしり」の後に出てくる液体は「中取り(なかどり)、中汲み(なかぐみ)」と呼ばれますが、明確な規定は無く、最初のどこまでが「あらばしり」でどこからが「中汲み」と呼ぶかは蔵元さんによって異なります。

②袋吊りと呼ばれる搾り

醪を酒袋に入れてぶら下げ、自然に滴り落ちる部分だけを集める手法を雫酒(しずくざけ)と呼びます。少量しか得られないので高価で限定品扱いされます。

杜の蔵 雫しぼりモデル e1520062750657 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

杜の蔵酒造さんのしずく搾りの様子のモデル    (本作業はもちろん屋内で行います)

③自動圧搾機を使った搾り

天吹 自動圧搾機 e1520062820797 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

天山酒造さんの自動圧搾機

この自動圧搾機は“ヤブタ式”と呼ばれるもので、アコーディオンのような形をしています。

布を被せた板が何重にもなっており、その中に醪を入れて押していくと前方(写真には写っていませんが)の槽口から液体が出て来るというシステムです。

残った酒粕は板状になります。

米鶴 ラベル左 米鶴 吟醸三十四号 入荷しました!!

杜氏 須貝 智(すがい さとし)

そのままの意味で、杜氏の須貝智さんが手がけた商品です\(^o^)/

日本酒(清酒、又は日本酒と記載されます)

清酒・日本酒と名乗るためには・・・

先ほど上槽について少し触ったので“にごり酒”“どぶろく”の違いについて小話を。

出来上がったばかりの醪は、まだ溶けきれていない米の固体部分も多く、濁っています。

酒税法上、清酒を名乗るためには『必ず濾す』ことが義務付けられているので、

醪のままだと清酒を名乗ることは出来ません。

このまま商品化したものを“どぶろく”と呼びますが、

酒税法上では清酒ではなく、「その他の醸造酒」という分類をされるのです。

では“にごり酒”はどうでしょう。

見た目はあまり”どぶろく”と大差ありませんが、清酒表示です。

こちらは目の粗い布で濾しているのです。

その為“どぶろく”同様に白濁していても清酒として分類できるのです。

こんな感じでエチケットの読み解きは終了です。

長い長いブログを最後まで読んでくださった方、ありがとうございます\(^o^)/

所々わかりにくい箇所があったでしょうが、お付き合い頂き感謝です!

もっと簡潔に詳しくお伝えできるよう精進してまいりますので、

今後ともどうぞよろしくお願い致します☆

ではでは、次回のブログもお楽しみに♪